発達障害 の二次障害を考える

発達障害を抱える人々が合併しやすい「二次障害」とは、引きこもり・統合失調症・強迫性障害に加えうつ病などがあげられるそうです。発達障害の特性を持つ人々は、社会的なルールを守ったり、社会の輪の中での対人関係を築き上げることなどが苦手な人が多いようで、社会の中での対人トラブルから、引きこもりやうつ状態になってしまわれる方々がいるそうです。

発達障害は生まれながらの脳機能の障害であることから、周囲の人びとに出来ることが自分にできないなどと、自己否定に走ってしまうことから「引きこもり」や「うつ病」を発症することもあるようです。社会的な生活のなかで多くのつまずきを繰り返えし、通常であれば多様な経験を重ね乗り越えていくものですが、発達障害の特性をもつ人々は、ちょっとしたコミュニケーションのズレなどから、自分自身に疎外感を抱いてしまったり、自尊心を失ってしまっているケースもあるり、立ち直ることに長時間を有することもあるようです。