文章と学習障害

「読む」ことの障害を抱えている人の中には、文章を読み上げることができても、その意味を理解することができなかったりする方々もいらっしゃるようです。「書く」ことの障害を持っている人々は、文字を書いていても誤った文字を書いてしまったり、全く文字が書けないというような人々もいるようです。単純な文章は書くことができても、難しい文章を書くことができない人々もいるようです。「計算する」ことをに障害を抱えている人は、足し算や引き算などの計算に苦労をしたり、九九を実際に暗記することができたとしても、計算の応用などには使うことができないなど症状は様々であるようです。「推論する」ことの障害を抱えている人々は、主に応用問題などが苦手されております。また長文読解などにも困難を抱えていることが多いようです。これらの「学習障害」は基本的な特性となりますが、その他にも個々人の障害の特性には、個人に属する様々な差異がありますので、それぞれの特性を見極めながら周囲の人々がサポートを行っていく必要性があります。