お互いをサポートできる社会的システムの構築に向けて

発達障害の特性を持つ人々が、社会の中で「生きづらさ」を感じるという点について、様々な見解が交わされているようです。時代とともに世の中の社会のしくみや流れが変化を遂げつつあるなかで、人々の働き方が大きく変貌を遂げております。大勢の人々が属する組織の中で対人関係を良好に保ちながら、膨大な作業を積み重ねていく処理能力を持った人々が評価されるような現代社会のなかで、組織や社会的ルールの中からはみ出してしまう特性をもった人たちの受け皿が事前に用意されていないことが細菌では社会的な課題として問題視されているようです。企業や会社のなかでも人材育成などに、時間をかける余裕がないことが発達障害などの特性を持った人々を組織のなかから除外してしまったり、いじめや偏見の対象とするような傾向がみられているようです。最近では「大人の発達障害」と呼ばれる人々に関するメディアなどからの情報発信が顕著に行われておりますが、社会人になってから発達障害の「特性」が顕著に現れはじめた人々は、自分の特性をうまくコントロールしたり、理解することができず、社会のなかで孤立してしまい「生きづらさ」を感じてしまうようなのです。このような状況を一早く察する専門家たちによりますと、発達障害のような「特性」をもつことが原因となって、日常生活のなかで大きなトラブルを抱えているような人々をサポートする社会的システムの構築が、日本社会のベースとして求められているようです。