子供たちの立場で

発達障害を持つ子供たちの親御さんや、周囲の学校関係の先生方などは、時として彼らの行動や言動などに、理解に苦しむこともあるかもしれません。何かしら、サポートや手を差し伸べようと彼らに向かい合ったとしても、思うような良い結果が生まれないというような事は多々あるようです。発達障害のある子供達に、周囲の子供達と同じような働きかけや、問いかけを行うことは、彼らにとっては、さらなる混乱を招いてしまっているようなこともあるようです。発達障害を持つ子供たちに対しての、適切な対応が、その中で求められてきているのかもしれません。一見、こちらからの注意や問いかけに、理解を示しているように見えたとしても、彼らの内面的な部分では、言葉の意味が理解できていなかったり、どうしてそのような注意を受けているのか、といったことを深く理解できていなかったりすることが多いようです。このような対応の仕方であると、親御さんや学校関係の先生方の一方的な指導、ということになってきてしまうので、彼らの内面的な部分での、理解がきちんと行われているのかどうか、というような判断が重要となってくるでしょう。