発達障害と言葉

発達障害を持つ子どもたちのサポートとして、多く問いかけや、声かけが、彼らの障害を助ける役目を果たすと考えられてきましたが、実際には、多くの声かけや、言葉が、彼らの負担となっていることもあるようです。発達障害は、生まれながらに持った脳の一部の障害であり、その特徴としてコミュニケーションが苦手であったり、読み、書きなどの学習能力に、苦手な物があったり、特定のことに強いこだわりを抱いていたり、発達障害を持つ子供たちの見せる「特性」と呼ばれるものは、様々ではあるのですが、そのような特性が、周囲とのズレや歪みを生みがちなことから、サポート役を行う大人たちが、多くの声かけや、言葉での指示などを行うことによって、助けになっているのであろうと考えていたことが、実際には彼らに新たなる混乱を与えていたというような事例があったようです。障害を持つ子供達は、集団生活なので、周囲との協調性を持つことが苦手であることが多いようです。そのような子供達に、協調性を持たせるために、声かけを行ったり、指示を出すことによって、子供たちがその言葉の内容をよく理解できていれば問題はないのですが、現実的には、その言葉の内容自体を、うまく自分の中に取り入れられていない子供達が多いというような実情が浮かび上がってきています。