発達障害と「小さな成功体験」

「発達障害」を持つ子供たちにとって、成長過程における、大切な学びの中に、成功体験を重ねるといったようなことが挙げられています。「発達障害」を持つ子供たちは、周囲の子供たちから比較してしまうと、出来ないことが多く、周囲の子供立ちの輪の中から取り残されてしまうことで、劣等感を抱いてしまったり 物事にチャレンジする意欲を失ってしまいがちな子供達がいるようです。そのような中で、小さな「成功体験」を重ねることで、子供達も自分にもできるのだというような意識が芽生えて来るようです。また、苦手なことが多いとされる発達障害を持つ子供にも、得意分野を見つけ得意分野の事柄を伸ばしてあげることで、本人の自己肯定感が根付くなどとも言われています。人は、誰でも自己否定を繰り返すことで、伸びるのではなく、自己肯定感を抱くことで、自信を持ちながら前向きにチャレンジを重ねていくことができるのです。特に発達障害を持つ子供たちは、脳の障害を持っていることから、苦手な事柄が多いとされていますので、適切な周囲のサポートを得ながら一つ一つ様々な事柄をクリアしていくことが大切なのではないでしょうか。