見えづらい生涯

発達障害の子どもたちを理解するためには、その特性をよく理解する必要があるなどと言われますが、その特性とは感覚や感情行動などに現れ、集団生活の中ではそのような現れが問題行動として捉えられるようなこともあります。

発達障害とは生まれながらにして、脳の一部の機能が、障害を持っているようなことから、世間一般的に考えられているような、感覚や感性の中では、収まりきれない状況の中で、彼らは生活をして暮らしているのだという社会的な認知や理解が必要とされているのではないかと思われます。

発達障害を持っている子供の中には、外見からでは、その様子が、全く見て取れないような子供達もいるようです。実際に、何かトラブル問題が起きた時に初めて、彼らが一般的な常識やルールを理解していない状況から、発達障害があるのではないか、というようなことが疑われる事例もあるそうです。

発達障害は、その障害が見えづらいことから、周囲からの偏見や壁を作りやすいなどとも言われています。

          

BHJ 放課後等デイサービスでより豊かな毎日をのTOPへ